おきなわ図鑑 >> ウミウシ >> ミツイラメリウミウシ

科目別一覧 和名別一覧
← トラパニア・ヴィッタ レモンウミウシ →

ミツイラメリウミウシ

Diaphorodoris mitsuii  (Baba, 1938)


裸鰓目 真鰓亜目 ドーリス下目 ラメリウミウシ上科 ラメリウミウシ科 ミツイラメリウミウシ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ミツイラメリウミウシ

コメント 岩礁域で見られる。体地色は白色で外套膜周縁の内側に淡黄色の線が入る。尾部も同様。背面には顆粒状の突起がある。触角は半透明の円錐形。春季から初夏にかけての観察。
体地色が黄色のバリエーションもあるが、沖縄では白色のタイプが多い。
撮影日 2008/04/15
撮影場所 本島 西海岸
体長 5mm
水深 10m
撮影者 今川

ミツイラメリウミウシ

コメント 外套膜最外周が赤色で、触角の先の部分も赤色。二次鰓の先端部分も僅かに赤色に染まる。海外からはこのタイプのものが報告されており、同種かどうかの精査が必要。
撮影日 2012/06/11
撮影場所 慶良間 座間味島
体長 5mm
水深 15m
撮影者 今川
← トラパニア・ヴィッタ レモンウミウシ →

おきなわ図鑑 >> ウミウシ >> ミツイラメリウミウシ