Vir philippinensis Bruce & Svoboda, 1984

ウィル・フィリピネンシス(バブルコーラルシュリンプ)

エビ・カニ
> 十脚目 Decapoda
> 抱卵亜目 Pleocyemata
> コエビ下目 Caridea
> テナガエビ上科 Palaemonoidea
> テナガエビ科 Palaemonidae
> イソバナカクレエビ属 Hamodactylus

ミズタマサンゴをホストとする。
オオハマサンゴに着くこともある。
バブルコーラルシュリンプという英名で呼ばれている。
通年観察できる普通種。

レア度
体は透明で脚に青紫色の線が入る。

恩納村 真栄田岬 18m 15mm

ウィル・フィリピネンシス(バブルコーラルシュリンプ)
北谷町 宮城海岸 20m 15mm

ウィル・フィリピネンシス(バブルコーラルシュリンプ)
恩納村 真栄田岬 18m 15mm

ウィル・フィリピネンシス(バブルコーラルシュリンプ)
恩納村 ゴジラの割れ目 18m 10mm