Laomenes cornutus (Borradaile, 1915)

ラオメネス・コルヌトゥス

エビ・カニ
> 十脚目 Decapoda
> 抱卵亜目 Pleocyemata
> コエビ下目 Caridea
> テナガエビ上科 Palaemonoidea
> テナガエビ科 Palaemonidae
> ツノメヤドリエビ属 Laomenes

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
ウミシダをホストとする。
しばしば観察できる。

レア度
★★★
体地色は白色か黄色で、ホストに合わせた色合いの不定形な斑紋が入る。
眼の先端は僅かに尖る。

恩納村 ミニドリームホール 18m 12mm

ラオメネス・コルヌトゥス
赤&白の体色の個体。

恩納村 ホーシュー 20m 16mm