Diaphorodoris sp. 2

ミナミミツイラメリウミウシ(ミツイラメリウミウシ属の一種 2)

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> ラメリウミウシ上科 Onchidoridoidea
> Calycidorididae(科) Calycidorididae
> ミツイラメリウミウシ属 Diaphorodoris

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
ミツイラメリウミウシとする研究者もいるが、ここでは別種として扱う。
観察例は少ない。

レア度
★★★★★
体地色は白色で外套膜周縁部と尾部正中線上に朱色のラインが入る。
背面には先端の尖った小さな突起が多数ある。
触角は半透明で半分から上が朱色で先端が白くなる。
二次鰓は半透明で先端が僅かに朱色に染まる。

慶良間諸島 男岩 15m 5mm

ミナミミツイラメリウミウシ(ミツイラメリウミウシ属の一種 2)
座間味島 6番 12m 7mm