Trapania scurra Gosliner & Fahey, 2008

シラタマツガルウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> ラメリウミウシ上科 Onchidoridoidea
> ネコジタウミウシ科 Goniodorididae
> ツガルウミウシ属 Trapania

カイメンをホストとする。
カイメン上に着くコケムシ(内肛動物)を食す。
観察例は少ないが、2018年、レッドビーチにて大量発生した。

レア度
★★★★
体地色は半透明の青色で白色の大きな斑紋が入る。
触角と二次鰓は半透明の青色。
触角の横と二次鰓の横から出る角状突起は同属他種に比べると大きい。

金武湾 レッドビーチ 12m 6mm

シラタマツガルウミウシ
上の写真と同個体。
沖縄では赤色のカイメン、バリ島ではオレンジ色のカイメン上で見られた。
黒い粒々が餌となるコケムシ。

金武湾 レッドビーチ 12m 6mm