Alpheus sp. 2

クマドリテッポウエビ(テッポウエビ属の一種 2)

エビ・カニ
> 十脚目 Decapoda
> 抱卵亜目 Pleocyemata
> コエビ下目 Caridea
> テッポウエビ上科 Alpheoidea
> テッポウエビ科 Alpheidae
> テッポウエビ属 Alpheus

サンゴ礫の混ざったきめの粗い砂地に生息する。
クロホシハゼやシノビハゼ属のハゼと共生する。
しばしば観察できる。

レア度
★★★
体全体に青色、黒色の横線が入る。
頭胸甲の後ろと腹節の一部が黄味を帯びる。
鋏足は左右不同で大きい方の先端付近が朱色になる。

北谷町 宮城海岸 20m 6cm

クマドリテッポウエビ(テッポウエビ属の一種 2)
クロホシハゼとの相性は良い。

名護湾 石切 7m 50mm

クマドリテッポウエビ(テッポウエビ属の一種 2)
クマドリテッポウエビのペア。

北谷町 宮城海岸 20m 6cm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード