Laomenes amboinensis (de Man, 1888)

バサラカクレエビ

エビ・カニ
> 十脚目 Decapoda
> 抱卵亜目 Pleocyemata
> コエビ下目 Caridea
> テナガエビ上科 Palaemonoidea
> テナガエビ科 Palaemonidae
> ツノメヤドリエビ属 Laomenes

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
ウミシダをホストとする。
通年観察できる普通種。

レア度
黄色&緑色の個体。
体色はホストに合わせて変化する。
目の先端が尖ることが特徴。

渡嘉敷島 野崎 10m 20mm