Pseudolaticauda semifasciata Reinwardt, 1837

エラブウミヘビ

爬虫類
> 有隣目  Squamata
> ヘビ亜目 Serpentes
> 真蛇下目 Alethinophidia
> コブラ科 Elapidae
> エラブウミヘビ亜科 Laticaudinae
> エラブウミヘビ属 Pseudolaticauda

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
活発に泳ぐ。陸上にも上がる。
エラブトキシンという猛毒を持つ。咬まれた場合は病院へ直行。
環境省レッドリストの絶滅危惧II類に指定されている。
沖縄名イラブー。
しばしば観察できる。

レア度
★★★
体地色は青色だが、成長に伴い褐色味を帯びる。
背面には黒い横帯が入り、腹面では横帯は不鮮明になる。横帯は成長に伴い不鮮明になる。

トムモーヤ礁 15m 1m20cm

エラブウミヘビ
渡嘉敷島 上城 10m 1m10cm

エラブウミヘビ
エラブウミヘビの頭部。

ルカン礁 東ドロップ 28m 1m20cm

エラブウミヘビ
糸満 名城 20m 1m

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード