Cyerce kikutarobabai Hamatani, 1976

カノコウロコウミウシ

ウミウシ
> 嚢舌上目 Sacoglossa
> チドリミドリガイ上科 Plakobranchoidea
> ミドリアマモウミウシ科 Hermaeidae
> キマダラウロコウミウシ属 Cyerce

サンゴ礁域に生息する。
内湾域の砂泥域に現れることもある。
春季から初夏にかけてしばしば観察できる。

レア度
★★★
体地色は半透明の黄白色で眼域を除く頭部、触角、口触手は紫色。
背側突起は中央部分が大きく膨らむ。この突起は刺激により自切する。
触角が途中から二つに分岐する。

恩納村 ホーシュー 5m 10mm

カノコウロコウミウシ
恩納村 ホーシュー 5m 6mm

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード