Hexabranchus sanguineus (Rüppell & Leuckart, 1830)

ミカドウミウシ

ウミウシ
> 裸鰓目 Nudibranchia
> Doridina(亜目) Doridina
> Doridoidei(下目) Doridoidei
> フジタウミウシ上科 Polyceroidea
> ミカドウミウシ科 Hexabranchidae
> ミカドウミウシ属 Hexabranchus

サンゴ礁域や岩礁域に生息する。
幼体から成体にかけて体色や模様がが変化する。
体をくねらせて遊泳することもある。
通年観察できる普通種。

レア度
★★
触角間が離れており、二次鰓が肛門を中心に6個あることが特徴。

座間味島 The Zamami 10m 20cm

ミカドウミウシ
通常多くみられるサイズ。

久場島 紺瀬 5m 7cm

ミカドウミウシ
遊泳中のミカドウミウシ。

久場島 紺瀬 5m 7cm

ミカドウミウシ
外套膜の縁は大きく、普段は内側に巻いているが、刺激を与えると大きく広げる。
これはフラッシングと呼ばれる威嚇行動。

渡嘉敷島 ツインタワー 7m 10cm

ミカドウミウシ
ミカドウミウシの若齢個体。

恩納村 ホーシュー 7m 25mm

ミカドウミウシ
ミカドウミウシの幼体。

浦添市 牧港 10m 6mm