Megaptera novaeangliae (Borowski, 1781)

ザトウクジラ

哺乳類
> 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
> Cetancodonta(亜目) Cetancodonta
> Cetacea(下目) Cetacea
> Mysticeti(上科) Mysticeti
> ナガスクジラ科 Balaenopteridae
> ザトウクジラ属 Megaptera

外洋に生息する。
通常は北極や南極の高緯度付近で生活する。
大きなグループに分かれ、地域ごとに回遊する事が知られている。
沖縄で見られるグループは、夏季、ベーリング海などに生息し、冬季になると交尾や出産、子育てなどの為に暖かい海域に南下してくる。
体長は大きなもので20m、体重は60tになる。
胸鰭が非常に長く、体長の1/3になる事で他種と区別できる。
冬季から春季にかけて観察できる。

レア度
★★
ザトウクジラの雄と思われる個体。

久米島 5m 15m

ザトウクジラ
親子のザトウクジラ。
上が雌の親クジラで、下が子クジラ。
ザトウクジラは産まれてから1年間は親子で泳ぐ。

久米島 5m 15m

絞り込み検索
分類カテゴリ
レア度
キーワード