おきなわ図鑑 >> その他の生物 >> ザトウクジラ

科目別一覧 和名別一覧
← ヒロオウミヘビ ミナミハンドウイルカ →

ザトウクジラ

Megaptera novaeangliae  (Borowski, 1781)


鯨偶蹄目 ヒゲクジラ亜目 ナガスクジラ科 ザトウクジラ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ザトウクジラ

コメント 世界の海に分布する。通常は北極や南極の高緯度付近で生活する。大きなグループに分かれ、地域ごとに回遊する事が知られている。沖縄で見られるグループは、夏季、ベーリング海などに生息し、冬季になると交尾や出産、子育てなどの為に暖かい海域に南下してくる。体長は大きなもので20m、体重は60tになる。胸鰭が非常に長く、体長の1/3になる事で他種と区別できる。また、背鰭は極端に小さい。
ザトウクジラは唄を歌う事が知られているが、ダイビング中にクジラの鳴き声が聞こえてくる事もある。近年、沖縄では1月から3月にボート上からクジラを観察するホエールウオッチングツアーが盛んに行われているが、水中での観察は非常に稀。
撮影日 2009/01/07
撮影場所 慶良間
体長 12m
水深 15m
撮影者 今川
← ヒロオウミヘビ ミナミハンドウイルカ →

おきなわ図鑑 >> その他の生物 >> ザトウクジラ