おきなわ図鑑 >> その他の生物 >> エラブウミヘビ

科目別一覧 和名別一覧
← クロボシウミヘビ ヒロオウミヘビ →

エラブウミヘビ

Laticauda semifasciata  (Reinwardt, 1837)


有鱗目 ヘビ亜目 コブラ科 ウミヘビ亜科 エラブウミヘビ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

エラブウミヘビ

コメント サンゴ礁域にて観察。夜行性で日中は波打ち際にある岩穴などで休んでいる事が多い。陸上にも上がる。体地色は青色だが、成長に伴い褐色味を帯びる。背面には黒い横帯が入り、腹面では横帯は不鮮明になる。横帯は成長に伴い不鮮明になる。エラブトキシンという猛毒を持つ。咬まれた場合は病院へ直行。環境省レッドリストの絶滅危惧II類に指定されている。沖縄名イラブー。しばしば観察できる。
撮影日 2009/05/20
撮影場所 慶良間
体長 1m20cm
水深 15m
撮影者 今川
← クロボシウミヘビ ヒロオウミヘビ →

おきなわ図鑑 >> その他の生物 >> エラブウミヘビ