おきなわ図鑑 >> >> アミアイゴ

科目別一覧 和名別一覧
← サンゴアイゴ ヒメアイゴ →

アミアイゴ

Siganus spinus  (Linnaeus, 1758)


スズキ目 ニザダイ亜目 アイゴ科 アイゴ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

アミアイゴ

コメント サンゴ礁域の藻場に生息する。幼魚期はプランクトン食。幼魚は旧暦5〜8月の大潮の上潮時に群れで接岸し、それから海藻類食へと変化する。成魚の体側には虫食い模様がある。幼魚期はスクと呼ばれる。通年観察できる。
撮影日 2010/01/11
撮影場所 沖縄島 西海岸
体長 15cm
水深 5m
撮影者 今川

アミアイゴ

コメント 幼魚は大きな群れを作り、年に数回接岸する。その際、伝統漁法で捕獲されスクガラス(塩漬け)に加工される。
撮影日 2010/07/12
撮影場所 沖縄島 西海岸
体長 3cm
水深 5m
撮影者 今川
← サンゴアイゴ ヒメアイゴ →

おきなわ図鑑 >> >> アミアイゴ