おきなわ図鑑 >> >> イトヒキコハクハナダイ

科目別一覧 和名別一覧
← フチドリハナダイ オオテンハナゴイ →

イトヒキコハクハナダイ

Pseudanthias rubrolineatus  (Fourmanoir et Rivaton, 1979)


スズキ目 スズキ亜目 ハタ科 ハナダイ亜科 ナガハナダイ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

イトヒキコハクハナダイ

コメント サンゴ礁周縁部にて観察。深場の岩根の周囲を泳ぐ。体側に赤色の1縦帯があるがスジハナダイのように真っ直ぐではなく多少湾曲している。尾鰭の上下の棘が2〜3本伸長する事が特徴。スジハナダイに似ている事からスジチガイと呼ばれていたが、2010年8月に和名が付いた。観察例は少ない。
撮影日 2010/08/07
撮影場所 沖縄島 西海岸
体長 4cm
水深 57m
撮影者 今川
← フチドリハナダイ オオテンハナゴイ →

おきなわ図鑑 >> >> イトヒキコハクハナダイ