おきなわ図鑑 >> >> オキナワハゼ属の一種1

科目別一覧 和名別一覧
← フタスジハゼ マウデズ・シュリンプゴビー →

オキナワハゼ属の一種1

Callogobius sp.1


スズキ目 ハゼ亜目 ハゼ科 ハゼ亜科 オキナワハゼ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

オキナワハゼ属の一種1

コメント 内湾域での観察。枯木やサンゴ礫の下に単独かペアで居る。幼魚期は黒色の体地色で、背面部が白くなる。成長につれ体側に白色の細点が入り、雄の個体では第一背鰭が著しく伸長する。各鰭をクルクルと動かす動作が見られる。観察例は少ない。
撮影日 2014/10/17
撮影場所 沖縄島 西海岸
体長 1cm
水深 15m
撮影者 今川

オキナワハゼ属の一種1

コメント ホムラダマシと言う愛称で呼ばれている。
撮影日 2006/08/18
撮影場所 沖縄島 西海岸
体長 2cm
水深 15m
撮影者 今川
← フタスジハゼ マウデズ・シュリンプゴビー →

おきなわ図鑑 >> >> オキナワハゼ属の一種1