おきなわ図鑑 >> >> セホシテンジクダイ

科目別一覧 和名別一覧
← ミスジアカヒレイシモチ スミツキアトヒキテンジクダイ →

セホシテンジクダイ

Apogon ventrifasciatus  Allen, Kuiter et Randall, 1994


スズキ目 スズキ亜目 テンジクダイ科 テンジクダイ亜科 テンジクダイ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

セホシテンジクダイ

コメント 内湾域での観察。通常は岩根の周囲で群れるが、ここではトウアカクマノミの棲むイボハタゴイソギンチャクの周囲に群れていた。数本の赤褐色の縦帯と横帯がある。特に吻から尾柄部まで伸びる縦帯と、腹部の横帯が目立つ。第二背鰭後端の背側に白色の小班がある事が和名の由来になっている。観察例は少ない。
撮影日 2011/01/21
撮影場所 沖縄島 東海岸
体長 6cm
水深 1.5m
撮影者 今川
← ミスジアカヒレイシモチ スミツキアトヒキテンジクダイ →

おきなわ図鑑 >> >> セホシテンジクダイ