おきなわ図鑑 >> >> クロホシイシモチ

科目別一覧 和名別一覧
← ミナミフトスジイシモチ ネオンテンジクダイ →

クロホシイシモチ

Apogon notatus  (Houttuyn, 1782)


スズキ目 スズキ亜目 テンジクダイ科 テンジクダイ亜科 テンジクダイ属


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

クロホシイシモチ

コメント サンゴ礁域や岩礁域に生息する。岩根の周囲などで大きな群れを作る。口内保育をする。頭部後方に1対の黒班があり、これが和名の由来になっている。尾柄部にも黒班がある。沖縄名ガサガサウフミー。温帯性の種で沖縄での観察例は少ない。
撮影日 2010/07/25
撮影場所 慶良間 渡嘉敷島
体長 3cm
水深 23m
撮影者 今川
← ミナミフトスジイシモチ ネオンテンジクダイ →

おきなわ図鑑 >> >> クロホシイシモチ