おきなわ図鑑 >> 沖縄水中観察日記

Vol.9 ウミウシ図鑑について

今月(2015年10月)、アメリカ人の学者3人によるウミウシ図鑑が発刊された。
タイトルは Nudibranch & Sea Slug Identification - INDO PACIFIC という。
インド洋と太平洋(主に西太平洋)を対象としたウミウシの図鑑だ。

実は、2005年にウミウシの分類を大きく変化させる論文が発表されたのだが、 我々、一般のダイバーの大半は論文など読むこともないので、それを知る由もなく、古い分類体系に従っていた。

それから10年が経ち、ようやくその内容を十分に反映した図鑑が出た。
もちろん、2005年の論文以外にも新しい記載や変更箇所があり、見ているだけでワクワクする。
当サイトのウミウシ図鑑も Nudibranch & Sea Slug Identification - INDO PACIFIC に従い改訂したが、 あまりにも変更箇所が多いので、今まで見てくれていた人は少々戸惑うかもしれないという事で、変更した内容をまとめてみた。
トウヨウキセワタは Aglaja (トウヨウキセワタ属)より Philinopsis(カノコキセワタ属)に変更された。
トウヨウキセワタ
Philinopsis orientalis (Baba, 1949)
オトメミドリガイは Elysia flava から Elysia obtusa に学名が変更された。
オトメミドリガイ オトメミドリガイ
Elysia obtusa Baba, 1938
ジャノメアメフラシは Aplysia dactylomela から Aplysia argus に学名が変更された。
ジャノメアメフラシ ジャノメアメフラシ
Aplysia argus Ruppell & Leuckart, 1830
Notodoris 属は廃止され Aegires (センヒメウミウシ属)に属を変更された。
おきなわ図鑑では以下の3種が対象となる。
レモンウミウシ レモンウミウシ
Aegires citrina (Bergh, 1875)
アエジレス・ガーディナーイ アエジレス・ガーディナーイ
Aegires gardineri (Eliot, 1906)
アエジレス・セレナエ アエジレス・セレナエ
Aegires serenae (Gosliner & Behrens, 1997)
以下の種は Chromodoris (コモンウミウシ属)より Goniobranchus 属に属を変更された。
Goniobranchus はゴニオブランクスと読むが、まだ有効な和属名がない。
ちなみに、Chromodoris (コモンウミウシ属)はまだ残るが、コモンウミウシが Goniobranchus 属に移ったことで少々煩わしくなる。
尚、Goniobranchus preciosus ゴニオブランクス・プレキオーススのように属名が変わったことで種小名の語尾が変化する種がいるので注意が必要だ。 (Chromodoris preciosaGoniobranchus preciosus
ボンボリイロウミウシ ボンボリイロウミウシ
Goniobranchus albonares (Rudman, 1990)
ホムライロウミウシ ホムライロウミウシ
Goniobranchus albopunctatus Garrett, 1879
コモンウミウシ コモンウミウシ
Goniobranchus aureopurpureus (Collingwood, 1881)
シラナミイロウミウシ シラナミイロウミウシ
Goniobranchus coi (Risbec, 1956)
アカネコモンウミウシ アカネコモンウミウシ
Goniobranchus collingwoodi (Rudman, 1987)
ゴニオブランクス・デコラ ゴニオブランクス・デコラ
Goniobranchus decora (Pease, 1860)
フジナミウミウシ フジナミウミウシ
Goniobranchus fidelis (Kelaart, 1858)
キカモヨウウミウシ キカモヨウウミウシ
Goniobranchus geometricus (Risbec, 1928)
ゴニオブランクス・ヒントゥアネンシス ゴニオブランクス・ヒントゥアネンシス
Goniobranchus hintuanensis (Gosliner & Behrens, 1998)
オトヒメウミウシ オトヒメウミウシ
Goniobranchus kuniei (Pruvot - Fol, 1930)
ヒョウモンウミウシ ヒョウモンウミウシ
Goniobranchus leopards (Rudman, 1987)
ホソスジイロウミウシ ホソスジイロウミウシ
Goniobranchus lineolata (van Hasselt, 1824)
ゴニオブランクス・プレキオースス ゴニオブランクス・プレキオースス
Goniobranchus preciosus (Kelaart, 1858)
チリメンウミウシ チリメンウミウシ
Goniobranchus reticulatus (Quoy & Gaimard, 1832)
ボブサンウミウシ ボブサンウミウシ
Goniobranchus roboi (Gosliner & Behrens, 1998)
ウチナミシラヒメウミウシ ウチナミシラヒメウミウシ
Goniobranchus rubrocornutus (Rudman, 1985)
ヒメコモンウミウシ ヒメコモンウミウシ
Goniobranchus rufomaculatus (Pease, 1871)
セトイロウミウシ セトイロウミウシ
Goniobranchus setoensis (Pease, 1860)
シラヒメウミウシ シラヒメウミウシ
Goniobranchus sinensis (Rudman, 1985)
ヒャクメウミウシ ヒャクメウミウシ
Goniobranchus sp. 1
ゴニオブランクス属の一種 1 ゴニオブランクス属の一種 1
Goniobranchus sp. 2
ゴニオブランクス属の一種 2 ゴニオブランクス属の一種 2
Goniobranchus sp. 3
ゴニオブランクス属の一種 3 ゴニオブランクス属の一種 3
Goniobranchus sp. 4
ゴニオブランクス属の一種 4 ゴニオブランクス属の一種 4
Goniobranchus sp. 5
サラサウミウシ サラサウミウシ
Goniobranchus tinctorius (Ruppell & Leuckart, 1828)
ミナミシラヒメウミウシ ミナミシラヒメウミウシ
Goniobranchus verrieri (Crosse, 1875)
以下の種は Mexichromis (レンゲウミウシ属)に属を変更された。
イチゴミルクウミウシとキイッポンウミウシは Pectenodoris から、 メキシクロミス・レムニスカータとキベリアカイロウミウシ、ニタリイロウミウシは Durvilledoris からの移動となる。
イチゴミルクウミウシ イチゴミルクウミウシ
Mexichromis aurora (R. Johnson & Gosliner, 1998)
キイッポンウミウシ キイッポンウミウシ
Mexichromis trilineata (A. Adams & Reeve, 1850)
メキシクロミス・レムニスカータ メキシクロミス・レムニスカータ
Mexichromis lemniscata (Quoy & Gaimard, 1832)
キベリアカイロウミウシ キベリアカイロウミウシ
Mexichromis pusilla (Bergh, 1874)
ニタリイロウミウシ ニタリイロウミウシ
Mexichromis similaris (Rudman, 1986)
以下の種は Ardeadoris (アルデアドーリス属)に属を変更された。
ヘリシロイロウミウシは Noumea から、それ以外の種は Glossodoris からの移動となる。
ヘリシロイロウミウシ ヘリシロイロウミウシ
Ardeadoris angustolutea (Rudman, 1990)
フチベニイロウミウシ フチベニイロウミウシ
Ardeadoris averni (Rudman, 1985)
アカテンイロウミウシ アカテンイロウミウシ
Ardeadoris cruenta (Rudman, 1986)
アルデアドーリス・エレクトラ アルデアドーリス・エレクトラ
Ardeadoris electra (Rudman, 1990)
アルデアドーリス・シンメトリカ アルデアドーリス・シンメトリカ
Ardeadoris symmetrica (Rudman, 1990)
アルデアドーリス・トムスミスイ アルデアドーリス・トムスミスイ
Ardeadoris tomsmithi (Bertsh & Gosliner, 1989)
以下の種は Noumea (シラユキウミウシ属)から Diversidoris に属を変更された。
サフランイロウミウシ サフランイロウミウシ
Diversidoris crocea (Rudman, 1986)
ヤマブキウミウシ ヤマブキウミウシ
Diversidoris flava (Eliot, 1904)
マダライロウミウシは Risbecia から Hypselodoris (アオウミウシ属)に属を変更された。
マダライロウミウシ マダライロウミウシ
Hypselodoris tryoni (Garrett, 1873)
Miamira (ミアミラウミウシ属)が復活し、以下の種が Ceratosoma (ニシキウミウシ属)から移された。
ミアミラウミウシ ミアミラウミウシ
Miamira magnifica Eliot, 1910
スソヒダウミウシ スソヒダウミウシ
Miamira miamirana (Bergh, 1875)
モロックニシキウミウシ モロックニシキウミウシ
Miamira moloch (Rudman, 1988)
ヨセナミウミウシ ヨセナミウミウシ
Miamira sinuata (van Hasselt, 1824)
イトヒキウミウシは Pseudobornella から Dendronotus (スギノハウミウシ属)に属を変更された。
イトヒキウミウシ イトヒキウミウシ
Dendronotus orientalis (Baba, 1932)
セスジスミゾメミノウミウシは Protaeolidiella から Protaeolidia に属を変更された。
セスジスミゾメミノウミウシ セスジスミゾメミノウミウシ
Protaeolidia juliae (Burn, 1966)
ムカデミノウミウシは Pteraeolidia ianthina から Pteraeolidia semperi に種小名が変更された。
これにより記載者も (Angas, 1864) から (Bergh, 1870) 変更されている。
ムカデミノウミウシ ムカデミノウミウシ
Pteraeolidia semperi (Bergh, 1870)
シロミノウミウシは Aeolidiella から Bulbaeolidia に属が変更された。
シロミノウミウシ シロミノウミウシ
Bulbaeolidia alba (Risbec, 1928)
BerghiaBaeolidia に属が変更された。
バエオリディア・チャカ バエオリディア・チャカ
Baeolidia chaka (Gosliner, 1985)
ヤマトワグシウミウシ ヤマトワグシウミウシ
Baeolidia japonica Baba, 1933
Baeolidia属の一種 1 Baeolidia属の一種 1
Baeolidia sp. 1
Baeolidia属の一種 2 Baeolidia属の一種 2
Baeolidia sp. 2
これ以外にも学名のスペルが変わったとか、記載者からカッコが外されたとか、ケアレスミス的な変更(修正?)も多々見受けられたが、 それが全て正しいかという事も分からない(新しい図鑑の方が間違っている可能性もある)ので、ここでは紹介しない。

おきなわ図鑑 >> 沖縄水中観察日記